おすすめのインプラント歯科ガイド【大田区版】 » インプラントの種類 » ロケーターインプラント

公開日: |最終更新日時:

ロケーターインプラント

入れ歯の使い心地を向上させることができる「ロケーターインプラント」について紹介。治療を受けるかどうか迷っている方、この治療方法が気になる方はぜひチェックしてみてください。

ロケーターインプラントとは

ロケーターインプラントとは、歯を全て失った方に対する治療法のひとつ。「インプラント義歯」や「ロケーター義歯」などとも呼ばれることがある治療法です。インプラントを顎の骨に2本埋入して留め具を取り付け、その上に入れ歯を取り付けます。

入れ歯が留め具によってしっかりと固定されるため、入れ歯の安定性が向上します。

ロケーターインプラントのメリット・デメリット

インプラント治療を検討する際には、治療にあたってのメリットだけではなくデメリットも知っておきましょう。

メリット

インプラントによってしっかりと固定されるため、入れ歯が動いたり外れることがなくなりますので、食事の際にしっかりと噛むことができる点が大きなメリットと言えます。また、入れ歯の悩みとして多い痛みについても解消できる可能性が高くなります。

さらに、全ての歯をインプラントにするよりも費用がかからないという点もメリット。入れ歯の安定性に不満があるが、全ての歯をインプラントにするのは金銭面的に抵抗があるといった方も検討したい治療法と言えます。何よりいま使っている入れ歯を加工した上で使えるという点もメリットです。

デメリット

インプラントロケーターによる治療を希望する場合には、インプラントを顎の骨に埋め込む必要があります。そのため、体の状態によっては治療が行えない場合もあります。また、ロケーターインプラントは保険の対象外。保険の対象となる入れ歯に比べると、費用負担が大きくなることがデメリットとなることもあるでしょう。

さらに、インプラントを埋め込んだ場合にはしっかりとケアを行う必要があります。ケアを怠るとせっかく埋め込んだインプラントが脱落する可能性もありますので、ケアを自分でしっかりと行えない方には不向きな治療法です。

ロケーターインプラントの治療の流れ

ロケーターインプラントの治療の流れについて紹介します。

  1. カウンセリング・各種検査
    カウンセリングを行うことで、治療に対する要望や不安に思っていることなどをヒアリングします。また、インプラントを問題なく埋め込めるかどうかという点について確認するために各種検査を行います。
  2. インプラントの埋入を行う
    検査のデータをもとにインプラントの埋め込みが問題ないと判断された場合には手術を行います。顎の骨に最少2本のインプラントを埋め込みます。
  3. 留め具(ロケーター)を装着
    インプラントが顎の骨と結合したことを確認したら、インプラントの頭の部分に留め具を装着します。また、入れ歯の内側にも留め具を埋め込みます。
  4. 入れ歯の装着・メンテナンス
    入れ歯を装着して噛み合わせなどを確認します。問題なければ治療完了となりますが、良好なインプラントの状態を保つためにも定期的なメンテナンスを行います。
  5. ロケーターインプラントの注意点

    ロケーターインプラントは、取り外しができるインプラントなので、固定式のものを希望する場合には向いていない治療方法であると言えます。そのため、どのような使用方法が自分に向いているのかをしっかりと考えると良いでしょう。

    また、インプラント治療を行った後にはメンテナンスが非常に重要になってきます。しっかりとケアを行い、インプラント周囲炎を発生させないように注意することが必要であると言えます。

    入れ歯の悩みがある場合に検討したいロケーターインプラント

    入れ歯がずれてしまう、痛みを感じるなど入れ歯に関する悩みを解消してくれるロケーターインプラント。インプラントを用いることによりしっかりと噛めるようになるため、食事の楽しみが増えるでしょう。ぜひ、治療のメリットとデメリットをよく知った上で治療を受けるかどうか検討してみることをおすすめします。

    信頼性と専門性が高い!
    大田区のインプラント歯科4院

    インプラント治療は特別な資格が必要ないものの、外科的手術を伴う高度な治療です。
    そこで、本当に信頼のできるインプラント歯科を選ぶために、日本口腔インプラント学会認定医のいるクリニックの中から、設備と保証に注目して4院を厳選して紹介します。