おすすめのインプラント歯科ガイド【大田区版】 » インプラントの種類 » オールオン4インプラント

公開日: |最終更新日時:

オールオン4インプラント

様々なメリットがある治療法「オールオン4インプラント」について紹介。治療を受けるかどうか迷っている方、この治療方法が気になる方はぜひチェックしてみてください。

オールオン4インプラントとは

最少4本のインプラントを埋入し、そのインプラントで総入れ歯の形をした上部構造を固定するオールオン4。
通常のインプラントの場合、歯を全て失ってしまうと多くのインプラントを埋入する必要があり、患者の負担も費用も大きなものとなりますが、オールオン4なら負担を少なくしながらインプラント治療を行うことができます。

オールオン4インプラントのメリット・デメリット

インプラント治療を検討する際には、治療にあたってのメリットだけではなくデメリットも知っておきましょう。

メリット

オールオン4インプラントは、歯を失ってしまった人に対して咀嚼機能を回復できる点が大きなメリットです。さらに通常のインプラントよりも埋入するインプラント体の本数が少ないことから手術にかかる時間も短く、患者への負担を軽減できます。さらに、費用も抑えられます。
また、連結した歯を装着することによって口元の美しさを取り戻すことができるため、審美性においてもメリットがある治療法です。

デメリット

オールオン4は、残っている歯がある場合には適用できない治療方法です。そのため、健康な歯が残っている場合にはオールオン4での治療は行えません。また、残っている歯が機能していない場合には、抜歯をすることでオールオン4の治療を行える場合もあります。
また、極端に骨が痩せてしまっている場合には、骨造成を行ってから治療に取り組むことになります。

オールオン4インプラントの治療の流れ

  1. 問診・検査
    治療を希望する場合には、まず問診を行い治療への希望や疑問などをヒアリングします。さらに治療に必要なデータを得るためにCTやレントゲンなど検査を行うことになります。
  2. 治療内容についての説明
    問診や検査によって得られたデータをもとに治療方針を決定し、患者に説明が行われます。費用に関する説明も行われますので、内容について納得できた場合に手術のステップへ進むことになります。
  3. インプラント手術を行う
    麻酔を行いインプラントを埋入したら仮歯を装着します。
  4. 上部構造の装着・メンテナンス
    埋入したインプラント体と顎の骨が結合したことを確認したら、最終的な被せ物を装着して治療が完了します。その後はインプラントを良い状態に保つために定期的なメンテナンスを行います。

オールオン4インプラントの注意点

オールオン4の場合は、インプラントを埋入した日に仮歯を装着することが一般的ですが、状況によっては日を置いてから仮歯の装着を行う場合があります。どのような治療の流れになるのかは、担当する医師にしっかりと確認しておくことが必要です。

歯を全て失った方のためのオールオン4インプラント

歯を失ってしまった人が咀嚼機能を取り戻せるオールオン4インプラント。通常のインプラントよりも身体的・費用面での負担が少ないことから大きなメリットがあります。治療を希望する場合には、メリット・デメリットをよく知った上で検討することをおすすめします。

信頼性と専門性が高い!
大田区のインプラント歯科4院

インプラント治療は特別な資格が必要ないものの、外科的手術を伴う高度な治療です。
そこで、本当に信頼のできるインプラント歯科を選ぶために、日本口腔インプラント学会認定医のいるクリニックの中から、設備と保証に注目して4院を厳選して紹介します。